教育方針|肌着・靴下・ファミリー衣料、現金問屋、店舗開発のとらや。品質の良い衣料品を、より安く。

お問合せサイトマッププライバシーポリシー

 HOME > ビジネスモデル > とらやの人財 > 教育方針

教育方針

肌着・靴下・ファミリー衣料 とらやのビジネスモデル
守破離の精神と正しい学習法を身につけ、行動原則を生きる人財になろう。
「自主独立」の精神で「真善美」を追求していく丁寧な行動が「作法」です。
より自由な新しい自分に出逢う為のチャンスは平等に巡ってきますが、そのチャンスをものにできるかどうかはその人のチャンスの扱い方「作法」によって決まってきます。 チャンスをものにできる人は人・情報・物・場に対して一呼吸おいて丁寧に扱う作法を身につけたからなのです。

お問合せ 採用

日本古来より伝わるプロフェッショナル論こそ「守破離(しゅはり)」の精神

守破離 「規矩作法(きくさほう) 守り尽くして破るとも 離るるとても本を忘るな」という千利休の歌があります。

芸道や武道の世界では、稽古や修行の段階を表現するものとして、「守破離」という言葉がよく使われていますが、それはこの歌の中にある三文字を引用したものだと言われています。
型を忠実に学び基本を習得し、悟りの境地に至るまで『守』を貫く。その型を打ち破り、新しい型を創る段階を『破』。既存の型や知識にとらわれず、模倣していたものから離れ、自在の境地に至る段階を『離』と言い、大切なことは常に基本に立ち帰る精神を忘れてはならないと述べた教えです。

これこそが、私たちが大切にしている学ぶ姿勢です。

「人財」こそ全ての要。人財づくり 材(×) 在(××) 罪(×××)

とらやにとってあなたは「人材」ではなく「人財」。虎の子のような存在です。新入社員という素材に必要な知識と技術と経験を得る機会を設け、社員一人一人が自ら素材を磨き上げ、財産化する手助けをします。虎の子とは手元に置き、大切に保管して手放さない物、いわゆる秘宝・秘蔵の宝と言われるものを指し、これは母虎が子虎を大切に守り育てる姿から人が大切に守っている宝を虎の子に例えたものです。実際の虎の子育ては集団の中でマンツーマンの短期実践形式です。虎の子は、自立するために必要な知識と技術は早いうちにすべて覚えてしまい、実践をひたすら重ねて自信をつけていくのです。

行動原則を生きる

守破離の精神と正しい学習方法
採用
    
お問合せお待ちしております。
ホームページからお問合せ
●お電話によるお問合せは、TEL.054-345-6171でお願いします。
受付時間:平日9:30〜17:00まで受付を賜わっております。
ビジネスモデルとらやの理念とらやの情報とらやの商品とらやの物流とらやの店舗
とらやの人財教育方針キャリアパスプランとらのこ塾パフォーマンスレビュー